お歳暮 お中元 のし

いろんなシーンで登場するのし
お歳暮やお中元をはじめとした贈り物に付いて回るのが、のしです。
漢字で書くと、熨斗、読めても書けない漢字ですね。
のしってそもそもなんなんでしょう。
今日はそんな「のし」について書いていきたいと思います。

のしにもいろんなタイプがある
一般的にのしというと、おそらく贈り物にまいてある紅白のリボンのような模様がついた紙全体のことを言っていますね。
あの紙のことを正確には「のし紙」といいます。
リボンのような模様を「水引」といい、お祝いは紅白や金銀で、弔事は灰色や黒白のものを使用します。
また本数は5本が基本であり、簡素型の3本と丁寧な7本、婚礼では基本である5本を二重にするという意味で10本が用いられることが多くなっています。

また水引にはその結び方がいろいろあり、シーンによっての使い分けが必要になります。
何度でも結び直しができることから、結婚をのぞくお祝いに用いられる花結び。
固く結ばれていることから一度きりがよいとされる、結婚と災いごとに用いられる結切り。
複雑な結び目になっており、ちょっとやそっとでは解けなくなっていることと、結び目の見た目が縁起の良いものとされる鮑に似ていることから、慶弔の両方に用いられる鮑結び。
基本はこの3種類からなっていますが、最近では婚礼用に変わった形のものもよく見かけますね。
どんなに形状が複雑になろうとも、この基本概念がベースに作られています。
c0b33f048be02108041121f40379e693_s.jpg

名入れにはいろんなパターンがある
そしてその水引の上に書くのが表書き、下に書くのが名入れです。
表書きには、お中元、お歳暮、お祝いなどを書き、名入れには送り主の名前を書きます。
この名入れにもいろんなパターンがあります。

連名の場合は目上の人が右になり、書くのは3名まで。
複数いる場合は、代表者名を真ん中に書き左下に小さく他一同。
皆さんの名前は中包みに書いてください。
会社名を入れる場合は名前の右上にこれも小さく。
20996b20cbe6f41fc57a83b17e0586a3_s.jpg
また基本はフルネームですが、目下の人に贈る場合は名字だけでもよいとされています。
ですが最近の慣習的に、目下の人に贈る機会というのは少なくなりましたね。
ちなみにあまり見かけませんが、贈る自分の名前を書く場合は左上に書きます。

のし紙の由来
水引を選び、表書きと名入れを書き入れる、これでのし紙は完成です。
では肝心ののしというのはどこでしょう。
それは表書きの少し右にあたる部分、複雑な模様の入ったひし形のような形の飾りのことをいいます。
水引や表書き目を取られがちですが、のし紙のメインは実はこの飾りということになります。
da1012c7ffbe0455905f5f1ffd331ad3_s.jpg

のし部分には昔は、干し鮑を薄くしたものが使われていたのだとか。
ですので海産物の贈答の際にはのしがないタイプのものを使うのがマナーです。
二重敬語という言葉があるように、中身とのしで同じことを言っていることになるのを避けるためです。
ですが最近の傾向としては、そこまで意識はされていないようです。

喪中でもお歳暮・お中元は贈りましょう
ところでここで気になるのが、相手や自分が喪中のときはどうなるのだろうということです。
年賀状は新年のお祝いということで喪中の時は控えますが、お歳暮やお中元というのはあくまで日ごろの感謝を伝える儀。
贈っても問題ないというよりは、本来途切れていいものではありません。
ですがそこは日本人の心遣い、配慮というのはやはりしたいですね。

一般的には、のしと水引がないものを選ぶことになっています。
その場合まっしろな紙に名前だけということになりますので、短冊状ののしを右上に配することもあります。
また包装もなるべく地味な色合いのものしたほうが無難ですね。
四十九日はさけたほうがよいともされていて、それにより時期が遅れる場合は、寒中見舞いや暑中見舞いや残暑見舞いとするのが適しているとされています。
また大幅に時期がずれてしまうのであれば、せめて初七日のあとにするか、別に一封送るのもよいでしょう。
ad5513a88aa213f330a4cd8815b72304_s.jpg

最近では百貨店やネットのお取り寄せや産地直送などを利用する場合がほとんどでしょう。
お歳暮・お中元の時期になれば当然のしのサービスはあるでしょうし、百貨店では現物を見ることもできます。
ネットなどでのしの形状が確認できない場合、気になるのであれば問い合わせしておくのも手です。

配送は内のし、手渡しは外のし
そして出来上がったのし紙ですが、これをどこに貼るのか、これが最後の仕上げです。
別に難しく考える必要はなく、商品に直接貼るのか包装紙に貼るのかです。
実は包装紙そのものが欧米文化であり、日本ではそれは風呂敷にあたります。
7d3f2314a15260d1a4399033c90d2262_s.jpg

昔は商品にのしを貼り風呂敷で包んで持参するというのが一般的。
現代では配送することがほとんどのため、商品にのしを貼り包装する「内のし」が一般的です。
直接持参できる機会があるのであれば、包装した上からのしを貼る「外のし」がいいでしょう。
もちろん包装紙の代わりに風呂敷で持参するのも粋な感じでいいですね。

単にのしといっても、そこには古くからの伝統が多く詰まっています。
のしと包むものの向こうに、先方の喜ぶ顔を思い浮かべながら選びたいですね。


確かな知識ある著名人によるグルメサイト

あるのは確かな逸品ばかり

服部栄養専門学校の校長であり、医学博士でもある服部幸應(はっとりゆきお)氏。
服部氏が実食・厳選したものだけを扱うのが、「服部幸應のお取り寄せ」です。

ただグルメなだけではない、食に関する理論的な知識を持ち、今では当たり前となった食育という概念をいち早く提唱していた服部氏。
今や食だけではなく、健康大使として世界中で活躍しています。
b7588b02c86601d5c0c3526028415b12_s.jpg

そんな彼が選ぶものは、美味しいのは当たり前、安心安全の食材を用いていること、生産者の顔が見えること。
そういった基準をクリアしたもののみが掲載されているのが、「はっとりよせ.com」です。
文字通りお取り寄せとして自分でいただくのもよし、またお中元などの贈り物としても恥じることのない逸品ばかりになっています。
またオススメの食べ方や何がイチオシの理由なのか、細かく書かれているので説得力がすごいです。

特集やピックアップ

●お中元の季節に合わせてもちろん特集が組まれています。
季節を問わないものから夏らしいものまで、厳選されてそろっています。
他では見かけないものだけに、きっと喜ばれるでしょう。

↑服部幸應のお取り寄せ 2018年お中元特集↑


●福岡県久留米市から、極上の角煮のおこわです。
地元のブランド豚である「みのういっとん豚」をはじめ、地元の食材で作られています。
3年熟成の高級醤油で味付けされた贅沢な逸品は、老若男女問わずに好まれます。
高級感ただよう外装は、贈り物としてもピッタリです。

↑料亭の味 ほとめき笹おこわ豚↑


●にんにくを完熟発酵させた発酵食品「フルーツガーリック」です。
にんにくなのに甘く、デザートとしても食べられます。
天然の自然発酵食品なので、こどもでも安心して食べられる天然サプリ。
皮をむいてまず見た目に驚き、そして食べてさらに驚く。
夏バテ予防にもピッタリです。

↑天然サプリ フルーツガーリック↑


お中元はいろいろと悩みますので、専門家の知識というのは実に参考になります。
ステキなものを贈って、よろこんでもらいましょう。


ふるさと納税を利用する人が増えています

昨年は前年度2倍以上

これまで何度か紹介しているふるさと納税
それをお中元として利用している人は、年々増えています。
どれぐらい増えているのか、「さとふる」がその具体的な数字を出しています。
73e1eaa4a85726529a5931010bb417cf_s.jpg

2017年のお中元シーズンに、ふるさと納税をのし付きで申し込んだ人は、2016年の同時期に比べて2.4倍に増えました。
すべての人がお中元として利用したわけではないことを踏まえても、2倍以上にはなっていると考えられます。
お中元としてのふるさと納税というのが浸透してきている証拠ですね。

さとふるのお中元特集

さてそのさとふるですが、しっかりとお中元としての特集もしています。
全部で4万点以上の返礼品を掲載しているさとふるですが、その中でもお中元にぴったりのものを400点ほどまでにしぼっています。

ふるさと納税の返礼品選びにおいて、その数が多すぎるというのがあります。
1,700以上ある全国の自治体が対象ですし、選べる対象が多いというのはうれしいことです。
ですが事実、多すぎて選ぶ最初の第一歩が踏み出しにくいというのもあります。
今回のさとふるのお中元特集のように、目的別にしぼってくれているというのはありがたいかぎりです。

↑ふるさとからのお中元特集2018 ↑

まだまだこれから浸透していくであろうお中元としてのふるさと納税。
お得に出来る裏技として、ぜひとも参考にしてみてください。
ふるさと納税については、こちらに詳しく書いています。

ピンポイントのお中元

消え物が好まれる贈り物

お中元にかぎらず、贈り物やお土産として喜ばれるものの定義のひとつとして、消え物であることというのがあります。
食べてなくなる、使ってなくなる、そういったものです。

こういったものは無難でありながら、同時にありがたい。
またなくなるので、必要以上に気を遣わせるということがありません。
そういう点から今も昔も、迷ったら消え物、というのは鉄板です。
06ff25197fc0982fd2c49d38e917de69_s.jpg

相手の好みをピンポイントで狙ってみる

ですが、その真逆というのもあります。
たとえば相手の好みを完全に把握している、どういったものが喜ぶかがわかっている。
そんなときには、ありきたりなものではお互い物足りませんね。

もちろん気持ちが嬉しいのですが、それぐらいの深い間柄の相手であれば、思いきってピンポイントで狙い撃ちというのも手です。
好みがわからない相手にそれをしてしまうと外しそうですが、よくわかっている相手なら話題にもなるでしょうしオススメです。
f2e1a797c7878e705e70720993612582_s.jpg

好きな人は好き、嫌いな人は食べることもできない

食の好みというのは人それぞれ。
10人中9人がまずいといっても、自分がおいしければそれはおいしい食べ物です。
行列のできる店でも、その味に感銘を受けないことなど山のようにあります。

では、納豆は。
これは好きか嫌いか、0か100しかありません。
たとえば自分の場合、親が0だったためそもそも食卓で見かけたことはなく、学校給食で数回見た程度。
なので当然自分も0、納豆が好きかどうかはその家の食文化ともいえるでしょう。
4d1b531097a13012731341853d671124_s.jpg

また自分で作るのが極めて難しいため、好きな人は必ずといっていいほど市販のものを買っているはず。
種類もとてもたくさんありますし、きっとお気に入りのものというのはあると思います。
では、すでにお気に入りのものを超えるものってあるんでしょうか。

日本一高級な納豆

日本古来より伝わる発酵食品である納豆は、その栄養素の高さから今や世界中で注目されています。
そして日本で出回る納豆の多くは、海外の大豆を使ったもの。
ですが、純国産大豆にこだわった納豆を作り続けるところがあるんです。

それが「二代目 福治郎」。
昭和34年に納豆屋「ふく屋」として創業し、現在三代目になります。
通常の3倍の72時間かけて行う熟成により、大豆本来の味と香りが引き出しています。

キャッチコピーは、日本一高級な納豆。
日々の食卓に並ぶものは、価格競争に巻き込まれがち。
その真逆を取るブルーオーシャン戦略で、納豆に高級というジャンルを作り出しました。




ギフトセットやお試しセット

とはいえどこまで美味しいのか、納豆好きからした気になると思います。
納豆が食べられない身としても気になるほどですw

そこでもちろん、お試しセットが用意されています。
4種類セット、まずはご自身で試すこともできます。

↑ご自宅用初回お試しセット ギフト不可↑


またこういうセットって、1回かぎりというのが多いですが、6個セットのものは何度でもいけます。
お気に入りのものをさらに見つけたり、ちょっとした贈り物にも使えますね。
しかも送料無料というのもありがたい。
もちろんしっかりとしたギフトセットもあります。
納豆好きの人からしたら、粋な贈り物になるのではないでしょうか。

↑【お味見セット】 6個12食入り ギフトセット↑


送料無料の定期便も

そして一度ファンになったかたのために、納豆定期便というのもあります。
これはどちらかというと富裕層向けでしょうか。
ですが納豆愛好会という定期便に申し込むことで、全商品が常に割引になったりと特典もあります。
またいつでも休憩ややめることもでき、定期便に合わせて追加で注文すればそれも送料無料になるという融通の利きやすさ。
これはいろんな意味ではまりそうですね。

納豆が好きな人限定にはなりますが、めったに目にすることのない高級納豆というジャンル。
センスある贈り物として、きっと喜ばれるでしょう。

お肉を勝手に特集してみます

人気のお肉を振り返る

ここまでお中元に関しておすすめのものをいくつか紹介してきましたが、その中から人気のお肉を改めてピックアップしてみたいと思います。
新しいところも紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。
各画像をクリックすると商品ページに飛びます。
be43d0e44b8aeaf982c00f5940acbef8_s.jpg

●沖縄県石垣島の「やえやまファーム」から、石垣島生まれの「南ぬ豚」。
パイナップルを食べて育ったこの豚は、牛肉とはまた違う甘さとうまみがあります。

↑南ぬ豚のしゃぶしゃぶ↑


●高級スーパーの代名詞「成城石井」からは、お肉の中でも生ハムを紹介してみます。
世界三大ハムのイタリアのプロシュートハム。
オシャレで使い勝手もよく、またハムは高価なので喜ばれます。

↑プロシュート クルード ペタル↑

●旅行会社JTBの運営する「JTBショッピング」では、松阪牛や近江牛など、日本を代表するブランド牛も多く取り扱っています。
さすがは日本全国を網羅する旅のプロフェッショナルです。
ステーキにすき焼きに焼肉に、思い思いに堪能できます。

↑例)近江牛サイコロステーキ↑

●JR東海が運営する「いいもの探訪」
フルーツや鰻はもちろんのこと、東海地方を代表するブランドの飛騨牛をはじめ、ハムやローストビーフなどを取りそろえています。

↑例)すき焼き用の飛騨牛スライス↑


●和牛ギフトの専門店「肉贈」
黒毛和牛専門のギフトショップ「肉贈」。
松阪牛や神戸牛、米沢牛はもちろんのこと、全国各地のブランド和牛を多く取り扱っています。
名前はそんなに有名じゃないけれど絶品、そんなものも多く揃っています。
見ているだけでも楽しくなります。

↑黒毛和牛専門の肉贈です↑


お肉は季節を選びませんし、常に人気です。
喜ばれることも間違いないでしょう。
ぜひ楽しみながら選んでみてください。